正しいクレンジングの方法

 

これまでご説明しましたように、クレンジングとはお肌に少なからず刺激を与えるものですので、
慎重に行われなければなりません。

 

間違ったクレンジングをして、知らないうちに肌を傷つけていませんか?

 

今回は正しいクレンジング方法をご紹介します。

 

1、
クレンジング料は、少ないと顔に摩擦が起こって傷つけてしまいます。
ちょっともったいないなぁと思っても、多めに手にとって使いましょう。

 

2、
まずTゾーンからクレンジングをのせていきます。
メイク落としは頬から始めるという人が多いと思います。
ですが、なるべくクレンジングはお肌に刺激を与えないように行いたいので、
比較的お肌が強い、ティーゾーンにクレンジングを載せていきましょう。
指の腹を使って優しく延ばします。

 

3、
Tゾーンに伸ばしたら、次は言Uゾーンにクレンジングを伸ばしてきます。
Uゾーンとは、頬からあご、そして反対側の頬の部分です。

 

 

4、
次に肌が薄くて比較的弱い、目元と口元にクレンジングを伸ばしていきます。
強くこすらないように優しく丁寧に伸ばしましょう。

 

5、
最後にすすぎです。
36から37度のぬるま湯で手早くすすぎましょう。
こするように洗うのではなく、手で作ったお湯を顔につけるような感じで優しく優しく落とします。

 

 

NGなクレンジングの方法も合わせてご覧ください。