間違った使い方をしていませんか?

 

マナラホットクレンジングゲルは、美容成分がたっぷり入ったお肌にやさしい上に、
ダブル洗顔もいらないという、優れたクレンジング料です。

 

ですが・・・

 

間違った使い方をしてしまうと、その効果も得られなくなってしまうのです!

 

クレンジングゲルの効果を最大限に引き出しすためには、
正しく使うことがポイント。

 

クレンジングゲルを使う時の注意点をあげてみました。
正しく使って、最大限に効果を引き出しましょう。

こんな使い方はNG!

 

小鼻の黒ずみを落とそうと、ゴシゴシと念入りにこする

 

汚れを落とそうとゴシゴシこすってしまうのはNGです。
洗いすぎは、お肌に必要なうるおいまで洗い流してしまいます。
その結果、乾燥肌を招いてしまうのです。
また、お肌を必要以上にこするのは、お肌に刺激を与えてしまいます。

 

クレンジングは顔全体の時間で30秒から1分程度にしましょう。
顔をなでるようにやさしく円を描いてなじませることが大切です。

 

 

 

もったいないので、少しずつしか使わない

 

これは、私もやりがちです!
1回分の使用料は「マスカット1個分」が目安となっていますが、
なるべく長持ちさせようと、つい1回の量を少なくしよういう思いが働いてしまいます。
ついつい、マスカット1個分よりも少ない量でクレンジングしてしまうのですが、
これはやはりNGなのだそうです。

 

たっぷりクレンジングを使うことで、お肌へのばしたときに伸びやすくなります。
しかし、量が少ないとお肌へ摩擦の力がかかってしまいます。
これがお肌に負担となってしまいます。
また、お肌の汚れもきちんと落とせなくなってしまいます。
メイクが薄いときも、同様です。
1回分の量をきちんと守ることが、お肌への負担を軽減させるのですね。

 

 

 

熱めのお湯ですすぎをする

 

もし、クレンジングゲルを使った後で、
「洗い上がりのなんだかお肌が乾燥する気がする・・・」
という方は、すすぎのお湯の温度が高すぎるのかもしれません。

 

熱いお湯は、お肌の大敵です!
乾燥を招いたり、しわの原因となってしまいます。
熱いお湯は、お肌に必要なうるおいを洗い流してしまうのだそうです。
どんなにお肌に良いものを使っていても、熱いお湯で洗顔していたら、
全く意味がなくなってしまいます。

 

すすぎの温度は32度ぐらいのぬるま湯が良いそうです。