「すすぎ」ちゃんとできてる?

 

クレンジングや洗顔をしていて、見落としやすいのが「すすぎ」です。

 

アイテム選びや洗い方はこだわっていても、すすぎの仕方はいい加減になってしまっているという人も多いのではないでしょうか?
今回はレンジングや洗顔の正しいすすぎの方法をご紹介します。

正しいすすぎの方法

 

すすぎをする際、最も気を付けたいのが「すすぎのお湯の温度」です。
適切なすすぎのお湯の温度は32度前後です。

 

水では油分が落ちにくくなります。
かといって熱すぎる温度では刺激が強く、乾燥肌の原因になってしまいます。
マナラホットクレンジングゲルを使っているのに、洗い上がりにお肌がつっぱったり、
乾燥する、という方はお湯の温度が熱すぎるのかもしれません。

 

熱いお湯ですすぎをしていると、必要以上にお肌のうるおいを流してしまいます。
その結果乾燥肌になってしまい、しわの原因にもなってしまうのです。

 

とくに冬場は温度を熱くしてしまいがちですので、注意が必要です。

 

洗い流した後は、手で汚れや皮脂が残っていないかチェックしましょう。
お肌がキュッと感じればOKです。

 

タオルで拭くときの注意点

 

すすぎが終わり、洗い残しがないか鏡で確認したら
やわらかいタオルで水分を拭き取ります。

 

この時も要注意です。
せっかくやさしくクレンジングと洗顔、すすぎができたのに、タオルでごしごしこすっては
台無しになってしまいますね。
タオルで拭くときもやさしく、抑えるように水分を拭き取りましょう。

 

顔の皮膚は非常に薄いデリケートな皮膚ですので、
やさしくやさしく丁寧に、そして清潔に扱うのが基本です。